定常波

この記事は約1分で読めます。

定常波とは

お互いに交わる波

上の図のように、波形の同じ波が同速で逆向きに進んで重なるとき、次のような波が出来ます。

定常波

この波を定常波といいます。

定常波には、山と谷を繰り返す腹変位がずっと0である節があります。

腹と節

 

どこに腹と節が出来るか

腹が出来る場所

山と山または谷と谷が重なる場所に、腹が出来ます。

腹のできる場所

もし、2つの波が重なっていなければ、波を少しずつ動かして重なる場所を探しましょう。

 

節が出来る場所

山と谷が重なる場所に、節が出来ます。

節のできる場所

もし、山と谷が重なっていなければ、波を少しずつ動かして重なる場所を探しましょう。

 

腹と節の間隔

腹と腹および節と節の間隔は、\(\frac{\lambda}{2}\)となります。

また、腹と節の間隔は\(\frac{\lambda}{4}\)となります。

山と節の間隔

 

自由端と固定端での腹節

定常波が起きている媒質の端が自由端であるとき、そこでは必ず腹となります。

また、媒質の端が固定端である場合には、そこでは必ず節となります。